マンスリーウェブマガジン

【期間限定】初月無料キャンペーン中!

今号の内容について

竹富島クライシス~離島医療について考える

竹富島診療所 所長 石橋興介先生

 

8月のテーマは「竹富島クライシス~離島医療について考える」です。

 

通常、市中の病院や診療所を担当することが多いMRですが、日本には医療が行き届いていないへき地や離島のような場所があります。

 

製薬企業のマーケティングにおいては重要視されにくい場所でMRとしても顧客としての意識の低いところになっていることが多いようです。

 

しかしながら、このへき地や離島にこそ、様々なヒントが隠されていると感じています。それはなぜか?

 

今後の医療環境はどんどん悪化して、予算も削減の方向に向かうこと。日本国民全体が高年齢化してきていること。

 

こういう未来の姿がすでに離島では起こっているのです。先取りしていると言っても過言ではありません。

 

今回の石橋先生も竹富島におけるたった一人のドクターです。島民350名の健康管理を他職種の方々とコラボして一人で担当しています。

 

そしてその上、観光客がこの島に50万人押し寄せています。その中にも医療を必要とされる方も少なくありません。

 

少ない医療資源の中で要求されることも大きく、日々様々な問題に立ち向かっておられます。今回、その様子を語って頂くチャンスに恵まれました。

 

MRも医療に携わる関係者の一人です。このような医療現場の生の声を聴くことも大事なことなのではないでしょうか。

今月のコンテンツ一覧

マンスリーウェブマガジン vol.09 「竹富島クライシス~離島医療について考える」

8月のテーマは「竹富島クライシス~離島医療について考える」です。
今回は竹富島におけるたった一人のドクターである石橋先生の講演です。
少ない医療資源の中で要求されることも大きく、日々様々な問題に立ち向かっておられます。
MRも医療に携わる関係者の一人です。このような医療現場の生の声を聴くことも大事なことなのではないでしょうか。

  • 【第9回MBA交流会】 1.はじめに・講演前半
    43:50

    【第9回MBA交流会】 1.はじめに・講演前半

  • 【第9回MBA交流会】 2.講演後半
    41:23

    【第9回MBA交流会】 2.講演後半

  • 【第9回MBA交流会】 3.石橋先生と池上文尋氏との対談&質疑応答
    9:54

    【第9回MBA交流会】 3.石橋先生と池上文尋氏との対談&質疑応答

お申し込み

マンスリーウェブマガジン

クレジットカード(PayPal)でお支払い

スピーディーな会員登録 お支払完了後からすぐに会員専用コンテンツを閲覧できます。

PayPalのフォームで必要事項を記入します。

支払い手続き後すぐにあなたのメールアドレスにIDとパスワードが送られます。

ログインして会員専用コンテンツをお楽しみください。

初月無料 1ヵ月後から毎年10,000円の自動課金

今すぐ入会する

初月無料 1ヵ月後から6ヶ月毎5,500円の自動課金

今すぐ入会する

初月無料 1ヵ月後から毎月1,000円の自動課金

今すぐ入会する

クレジットカードでのお支払いとなります。ご利用いただけるカードは、MasterCard、VISA、AMERICAN EXPRESS、JCBの4社です。

※退会を希望される方は、いつでも退会手続きを取っていただくことができます。PayPalの管理画面から購読の停止処理を行っていただくことで、それ以降、課金されることはありませんのでご安心ください。