マンスリーウェブマガジン

  • マンスリーウェブマガジン vol.17 「Dr.から必要とされるMRの共通点 ~医薬品卸から見える景色~」

    2018年4月のテーマは「Dr.から必要とされるMRの共通点~医薬品卸から見える景色」のお話です。
    今回はMS経験もあり、新規開業支援の現場の方からMRをどのように見ているのか?
    どんなことを考えて行動していくと良いのかをお話頂きました。
    MBA交流会を長くやってきましたが、初めてのMS視点のお話なので、皆さまにも興味深く見て頂けるのではないかと思います。

  • マンスリーウェブマガジン vol.16 「病院内における悩み」

    2018年3月のテーマは「病院内における悩み」のお話です。
    今回は人と組織の研究所所長、株式会社エイトドア代表取締役 下田静香氏にご講演頂きました。
    病院の組織や人に寄り添って仕事をされている下田さんから見た、病院の悩みについてお話を頂きました。
    ぜひ、じっくりと見て頂き、明日からの仕事にお役立て頂ければと思います。

  • マンスリーウェブマガジン vol.15 「女性医師から見た医療現場とMR、そして女性医師のキャリア」

    2018年2月のテーマは「女性医師から見た医療現場とMR、そして女性医師のキャリア」のお話です。
    今回は医師、主婦、そしてベンチャー社長の3つに取り組んでおられる倉持智子にご講演頂きました。
    医療現場において女性医師がMRをどのように見ているのかというお話とご自身のキャリアについて詳しく語って頂きました。
    ぜひ皆さんにも見て頂きたいと思います。

  • マンスリーウェブマガジン vol.14 「コミュニケーションをデザインする仕事」

    2018年1月のテーマは「コミュニケーションをデザインする仕事」のお話です。
    今回の講師は堀 貴史氏です。ビジネスにおけるコミュニケーションを行動分析し、研修し、そしてマーケティングまでの展開を提供しているこの会社の詳細を話して頂きました。この動画は皆さんのディテーリングやコミュニケーションに対する概念が変わる時間になることでしょう。ぜひ、お楽しみください!

  • マンスリーウェブマガジン vol.13 「カンボジア・ラオスにおける医療環境と医療支援について」

    12月のテーマは「カンボジア・ラオスにおける医療環境と医療支援について」のお話です。
    今回講師でお迎えした赤尾和美氏は、カンボジアのアンコール小児病院を支える大黒柱的存在で、ナースとしての院内活動はもちろんのこと、訪問診療にも積極的にかかわっておられます。ラオスの状況、日本人の心優しさと高潔さを世界に向けて発信している活動をぜひMRや医療に関わる皆さんも知ってほしいと思います。

  • マンスリーウェブマガジン vol.12 「MRが本当の意味で患者さんの立場を理解するにはどうすればよいのか?」

    11月のテーマは「MRが本当の意味で患者さんの立場を理解するにはどうすればよいのか?」です。
    今回の講師は鈴木信行氏(のぶさん)です。
    ご自身のお話をまじえながら、そもそも患者さんとはなんぞや、プロモーションコードとはなんぞやといった根源的なことから様々な示唆を頂きました。
    今までとは全く違う視点でのお話をぜひ聞いて、明日からのお仕事に活かしてもらえればと思います。

  • 第三回MR-1コンテスト動画

    平成29年8月26日、星薬科大学本館にて行われた第三回MR-1コンテストの動画をこちらにて配信致します。(アリストテレスウェブマガジン10月増刊号として配信致します)

    特にこれからMRになりたい学生の方、内定者の方、新人MRの方、研修に携わっている方々には見て頂きたい内容となっています。

  • マンスリーウェブマガジン vol.11 「製薬企業研修部長の頭の中」

    10月のテーマは「製薬企業研修部長の頭の中」です。
    将来、MR研修に関わりたいと思っている方が少なからずいることが分かっています。
    この動画を見ると研修に携わっている人にとっては、見直しのヒントになるし、MRとしては自分が何のために学ばないといけないのかが明確になると思います。

  • マンスリーウェブマガジン vol.10 「医療関係のM&A活用事例」

    9月のテーマは「医療関係のM&A活用事例」です。
    地域医療を考える上でM&Aの知識を持つことは、地域医療の貢献と自分の処方元を守る上でも重要かと思われます。
    ぜひ、この動画でその概要を理解して頂き、先生方のお役に立って頂ければ幸いです。

  • マンスリーウェブマガジン vol.09 「竹富島クライシス~離島医療について考える」

    8月のテーマは「竹富島クライシス~離島医療について考える」です。
    今回は竹富島におけるたった一人のドクターである石橋先生の講演です。
    少ない医療資源の中で要求されることも大きく、日々様々な問題に立ち向かっておられます。
    MRも医療に携わる関係者の一人です。このような医療現場の生の声を聴くことも大事なことなのではないでしょうか。